初めての方でもこれで安心!注文住宅を検討する際に知っておきたいポイントなどを紹介!

注文住宅の購入を検討する前に、事前に知っておきたいポイントを押さえることによって失敗を避けられます。
特に多い失敗が、お金関係です。
予算に余裕があると思ったら地盤を改良する必要が出てきた、設備のグレードアップをし過ぎて予算オーバーしてしまったというケースはよくあります。
ほかにも、予算を気にし過ぎてしまうことで、無駄を全て無くすことでシンプルすぎたなど、満足のいく住宅を作れなかったということもあるため注意が必要です。

初めての方でもこれで安心!注文住宅を検討する際に知っておきたいポイントなどを紹介!

ここでは、注文住宅の購入を検討する際に失敗を防ぐための事前に知っておきたいポイントを紹介しています。
注文住宅でよくあるのは、予算をオーバーしてしまうという失敗です。
予算に余裕があると思ったら地盤を改良する必要が出てくるケースや、設備のグレードアップをし過ぎてしまい予算がかかってしまうことに注意が必要です。
ほかにも、予算を気にし過ぎてシンプルすぎる住宅ができてしまいつまらないなど、満足のいく住宅ができなかったというケースも考えられます。

やっぱり費用が心配?まずは注文住宅の平均相場をチェック!

注文住宅を建てるための費用は土地も購入する場合は4600万円ほど、土地を購入しない場合は3050万円ほどが平均相場とされています。
ただし土地付きの注文住宅を購入する場合は、エリアによって価格に大きな差が出るので注意が必要です。
例えば東京都の23区などは地価が高いため平均相場より高く予算を見積りしておくとよいでしょう。
注文住宅には様々な価格帯のものがあります。
1千万円だと予算としては平均よりもかなり低いですが、間取りをシンプルにするなど工夫すれば十分な品質の住宅を建てることができます。
2千万円台の住宅も平均より価格が低いものの、外壁の仕上げ材にこだわることができるなどの特徴があります。
この価格帯の住宅は水回りに最新の設備を導入したり、バルコニーや窓の数を増やすことも可能です。
無駄な費用を削減すれば浴室乾燥機などの導入も可能なので、施工会社に相談してみるとよいでしょう。
平均に近い3千万円台の住宅であれば特殊な形状にも対応でき希望の条件を概ね満たせます。

そもそも注文住宅にすることでどんなメリットがあるの?

マイホームは注文住宅や建売住宅、中古物件やマンションなどの選択肢があります。
それぞれに良し悪しがあり、暮らしにも違いや特徴が見られます。
注文住宅のメリットは、家族に合わせた設計や間取りが可能です。
何も無い状態からオーダーメイドのような家づくりが行えるため、ライフスタイルにこだわりがある方に向いています。
最新の設備を取り入れたり、好みの内装材を使用することもできます。
クルマ好きならガレージハウスやペットとの暮らしならペット専用の部屋など設置可能です。
建売住宅や中古物件はすでに建てられた住宅なので、一から希望通りの家というわけにはいきません。
家に暮らしを合わせるといったイメージです。
その分費用が抑えられるのですが、住んでいるうちに不満を感じるような箇所が出てくることも考えられます。
その度にリフォームやリノベーションが必要になり、当初の予定よりも費用がかさむことも。
注文住宅は家族の理想を反映させることができる魅力的な住まいです。

注文住宅はフルオーダー?それともセミオーダー?注文方式の違いや長所短所を知る!

注文住宅にはフルオーダーとセミオーダーという2種類の注文方式が存在します。
前者は間取りや外観、仕様など全ての点を自由に決めることができます。
予算が多い場合にはこだわりの住宅を造ることができ、少ない場合も不要な部分を減らせばコストパフォーマンスの優れた住宅を建てることが可能です。
このタイプの注文住宅は理想を実現できる点が長所ですが、建材や設備などにこだわり予算を超えないよう注意する必要があります。
セミオーダーは基本的な仕様が決まっていて一部を依頼主が決定します。
このタイプの注文住宅はある程度の仕様が決まっているため、建築コストを安く抑えることができます。
フルオーダーよりも設計の自由度が低いものの建売住宅と比べると幅広い選択が可能です。
デザインや設備など複数のパターンが用意されており、初めて注文住宅を建てる場合でも手続きを進めやすいという長所があります。
セミオーダーで住宅を造る場合は土地の建築制限などに注意する必要があります。

注文住宅だからこそ業者と綿密な協力関係が重要!その理由とは?

自由設計の注文住宅であれば、建物全体のスタイルから室内の間取り、あるいは水まわりの設備や外構部分のデザインに至るまで、施主の希望やニーズに合わせたプランニングが可能です。
とはいえ、最初の設計段階から施工の完了さらにアフターメンテナンスまで、施主がトータルにコミットメントできる注文住宅では、それなりの専門的な知識や経験が不可欠になります。
したがって建築や不動産に詳しくない素人だけで進めるのは、実際には不可能と言わざるを得ません。
そのため実際には、信頼できるプロの業者を探して、綿密な打ち合わせを繰り返しながら、施主が求める家づくりに近づけていくのが、一般的な傾向と言えます。
裏を返せば、注文住宅において成功のカギを握るのは、業者選びの段階で決まるといっても、決して過言ではないでしょう。
設計から施工そしてアフターメンテナンスまで、将来にわたって長く協力関係を維持できる業者でなければ、仮に見栄えのよい注文住宅を手に入れても、入居後の快適な暮らしは実現できないかもしれません。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅で知っておきたいポイント

注文住宅の購入を検討する前に、事前に知っておきたいポイントを押さえることによって失敗を避けられます。特に多い失敗が、お金関係です。予算に余裕があると思ったら地盤を改良する必要が出てきた、設備のグレードアップをし過ぎて予算オーバーしてしまったというケースはよくあります。ほかにも、予算を気にし過ぎてしまうことで、無駄を全て無くすことでシンプルすぎたなど、満足のいく住宅を作れなかったということもあるため注意が必要です。

Search